自然は最高の仕組み、最高のバランス‥自然の法則をビジネスに活用しよう
研究開発のアイディアも、自然から学ぶべきところが多い、自然の全てが師匠
精神、肉体の健康にも自然の法則が働く、人生へのチャレンジにもこれを活用
農業はまさに自然との共生。自然を理解し、その法則を生かし新しい農業を!


私の主張 宇田技術研究所代表
工学博士 宇田成徳

自然が解れば「創造」は誰でもできる

どんな仕事にも「創造、工夫」が必要です。
旧態依然とした仕事は何の楽しみも感じることが出来ませんし、「創造や工夫に満ちた仕事」に取って代わられてしまいます。

一般には、創造は難しいものと解釈されがちですが、さまざまな手法を編み出した先輩諸氏が「創造は誰でも出来る」と解説しています。

私は、先輩諸氏の発想法を学び、研究活動を通してその思いを強く持つに至りました。

私の体験から編み出した「自然が分かれば創造がわかる」お話しを‥、恐竜はなぜ滅んだか、地震の簡単な予知方法、渡り鳥はなぜ帰れるのか、葉っぱはなぜ緑なのか・・など自然現象の謎解きからその発想法の製品への応用をお話しします。

この発想法で、電気接点表面にできる黒化物のために接触不良が発生するという難問を半年で解決しました。

この接触不良の問題は、世界一のベル研究所で25年間研究され「解決不可能」とされていました。

世界中の研究者が解決の糸口が掴めないと思っていた難問でした。

しかし「自然が分かれば創造がわかる」発想でアプローチをかけ、瞬時にひらめいたアイデアで解決し、アメリカの1996R&D100Awardを受賞しました。

その記事がR&D誌に載ると,NASAを始め、USA陸軍、海軍、空軍、その他148の研究所から「資料が欲しい」とメールで問い合わせがありました。

「私は目からうろこの創造論」素直な心で自然を紐解くの講演で「発明は哀しいまでに簡単」というお話をしています。

PAGE TOP
MENU